cover.jpg

『ベルリン・ブランデンブルク探検隊シリーズ 給水塔』表紙です


 7月末にドイツ・ブランデンブルク在住のチカ・キーツマンさんと出した本『ベルリン・ブランデンブルク探検隊シリーズ 給水塔』の電子書籍が、本日9月15日に発売になりました! プレゼント情報があるので、最後まで読んでみてください!

 電子書籍版『ベルリン・ブランデンブルク探検隊シリーズ 給水塔』は、チカさんのオンラインショップでお買い求めいただけます。1回のご購入で、PDFとEPUBの2バージョンをダウンロードしていただけます。矢印の先をクリック→「まにあっくドイツショップ」

020-09-14 22.03.38.png

まにあっくドイツショップ

 本の詳細については、チカさんのブログ「ChikaTravel」の記事をご覧ください→「ベルリン・ブランデンブルク探検隊シリーズ 給水塔」を出版しました

chikatravel.png

チカさんのブログ記事


紙の本出版から電子書籍化へ


 一言で説明すると、この本は給水塔好きの趣味が高じて、ふたりで本を作ろうと意気投合して出した自費出版の本です。ドイツのベルリンとブランデンブルク州の給水塔85基を、時代背景とともに紹介しています。

 給水塔というだけでもわりとマニアックなテーマなのに、さらにベルリンとブランデンブルク州というエリアに限定するなんて、どんだけニッチなんだよと作った本人たちも思っていました。だから最初から商業出版でなく、自費出版で出そうと決めていました。

 いったい何人の人が買ってくれるのか? 出す前はまったく見当がつかず、制作費はすべて自腹というのもあり、少部数限定で刷ったんです。

 そして、チカさんと私がそれぞれTwitterとFacebookで出版告知をしたところ!
 なんと発売3日で、ほぼ売り切れたんですよ!

 いやー、びっくりしました。まさかこんなに大勢(少部数ですけど、私の感覚的には大勢)の人が興味を持ってくれたとは。ありがとうございます!!
 急いでチカさんと今後の対応について話し合いました。つまり、増刷するか、そのほかの策を考えるか、です。

 増刷は現実的に難しいと判断しました。なぜなら本書はドイツで印刷しましたが、購入してくださる方は日本在住の方が中心です。再度ドイツで作って日本に送るとなると、コストが嵩みます。かといって日本の印刷会社で刷ったら、紙や色が第一版とは異なる可能性が大きそう。
 熟考の末に、電子版を出すことに決めました。紙の本をデザインしてくださった守屋亜衣さんがデータ化を手がけてくださいました。

 今回の電子版発売を記念して、チカさんと私でオンライン対談をしました。ふたりでこの本を作ったときの思いやエピソードを、あれやこれや話しています。チカさんのポッドキャストでお聞きいただけます。こちらをクリックしてください→ChikaCaputh


sample p04_05s.jpg

sample p18_19s.jpg

sample p40_41s.jpg

『ベルリン・ブランデンブルク探検隊シリーズ 給水塔』サンプルページ(クリックすると見開き分が表示されます)


電子書籍発売記念大感謝プレゼント!


*電子書籍版『ベルリン・ブランデンブルク探検隊シリーズ 給水塔』概要

・オールカラー 980円
・全48ページ+電子版だけのボーナスページ4ページを新規収録! 
・電子版ボーナスページでは給水塔タンクの種類と設計者、タンク内部への潜入ルポを掲載
・形式はPDFとEPUBの2バージョン。一度の購入で両方ダウンロードしていただけます。

さらに! 電子書籍版発売記念大感謝プレゼントとして

ドイツの主な給水塔マップ

紙の本・電子版ご購入のみなさまにもれなくプレゼント!

 既に紙の本を買ってくださった方には、この給水塔マップのほかに、電子版ボーナスページ4ページのPDFももれなくプレゼント!

「紙の本を買いそびれた」
「どんな給水塔があるのか見てみたい」
「スマホとかで気軽に読みたいな」
 
 そんな方も、そうでない方も、ぜひこの機会に電子版をお求めください!

 お求めはこちらです→「まにあっくドイツショップ」


注:オンラインショップで電子版をお買い上げ後にPDFとEPUBのデータをダウンロードいただけますが、私が日本で購入テストをしたところ、購入直後にダウンロードしようとすると失敗することがありました。しかし翌日には問題なくダウンロードできました。もし直後にダウンロードできなかった場合は、大変恐れ入りますが翌日改めて試してみてください。もしそれでもダメでしたら、お手数ですが久保田までメールでご連絡をお願いします。メール:info@kubomaga.com


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/


P_20200724_155632.jpg

ヘルシンキ経由で東京成田へ


 無事に日本に帰国しています。
 
 前回私がこのブログで日本への本帰国をお知らせしたところ、いろいろな方からメッセージをいただきました。たとえベルリンで頻繁に会っていなくても、「ベルリンにいる」こと自体に意味があったのだなと感じています。
 私の仕事は基本的に一人で取材して書くという形で、みなさんからのリアクションを直接いただくことは少ないです。それで、自分で勝手に落ち込んだりすることもありました。
 今回多くのメッセージをいただいたことで、思い上がりかもしれませんが、書いたものを通して多くの方と共に生きていたのだと感じました。改めて、ありがとうございました。

 今回は、ドイツ出国から日本までの帰国の道のりについて書こうと思います。コロナ禍における帰国は、(少なくとも現段階では)レアな体験だと思うので、自分のためにも記録しておきたいんです。ただし、ここに書くことはあくまでも私の帰国時で、常に当てはまるわけではないことをご留意ください。


フライトはマスク着用義務、東京行きは超ガラガラ

 私のフライトはフランクフルト発、ヘルシンキ経由の成田着というルートで、航空会社はフィンエアーでした。航空券を予約したのはドイツで新型コロナ感染が広がる以前で、本来のルートはベルリン〜ヘルシンキ〜羽田。その後コロナ禍がやってきて到着空港が羽田から成田に変わり(これはフィンエアー側の変更)、さらにベルリン・テーゲル空港閉鎖騒動で(結局は8月現在も営業していますが)フランクフルトから出発することに自主的に変更しました。
 フライト日は当初の予約から変更なし。フィンエアーは6月末まで日本行きフライトを運休していましたが、7月から運航再開したのはラッキーでした。

 私が帰国したのは7月下旬です。その時点で、ドイツからEU内への移動は既に可能でした。バカンスシーズンということもあってか、フランクフルトからヘルシンキへのフライトは9割ぐらいの席が埋まっており、私の隣にも乗客が。若干不安でしたが、フライト中はマスク着用義務があったために飲食時以外はずっとマスクを着けていましたし、機内でおしゃべりする人も少なくて静かだったのは幸いでした。私はふだんフランクフルト空港を利用しないので、通常と比較した空港の混雑具合は不明です。
 
 フランクフルトを出発した飛行機は、順調にヘルシンキ・ヴァンター空港へ着陸。
 
 私がなぜ日独間の移動に好んでフィンエアーを利用しているかというと、飛行時間が短くてラクなのと、乗り継ぎとなるヘルシンキ・ヴァンター空港がコンパクトでわかりやすく、快適だから。そのヴァンター空港が、今回はコロナのためにガラッガラで、ある意味さらに快適でした。閉店中のショップやカフェも多く見受けられましたが、水やお菓子などを買う分には問題なかったです。ちなみに、ムーミンショップは営業していました。さすが(何が)。

P_20200724_142135.jpg

カフェは開いてたり、閉まってたり

P_20200724_144413.jpg

日本行きフライトが出るノンシェンゲンエリア。シェンゲンエリアに比べ、さらにガラガラでした


 乗り継ぎには2時間以上あったので、超余裕。開いている店も少ないから、ショッピングに時間を取られることもありません。空港のワイファイにつないで誰もいないカフェでネットサーフィンをしたりしているうちに、成田行きフライトのボーディングタイムに。


P_20200724_150537.jpg

閉店中のムーミンカフェでネットサーフィン三昧

P_20200724_145154.jpg

かわいいクリスマス小屋。こういうアピール、上手だなあ

P_20200724_145133.jpg

クリスマス小屋を独り占め


 成田行きフライトのゲートにいたのは数十名くらい。え、これしか乗らないの......と驚きましたが、こんな時期に日本に飛ぶ人(飛べる人)は少ないでしょうね。日本は入国拒否対象地域からの入国者を厳しく制限していますから(入国拒否対象地域に滞在していた外国人は、たとえ日本の永住者だったり日本人配偶者がいても、条件によっては入国拒否対象になります。それは非人道的ではないかと思います。日本国籍所有者はその限りではありません。詳しくは外務省海外安全ホームページを参照してください。https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html)。

 そんなわけで、あっという間にボーディング完了。

 着席すると、私の周りに座っていたのは数名だけ。横一列は誰もいなくて、3人がけシートの手すりを上に持ち上げ、ほとんど横になって帰ってきました。ラクでしたが、航空会社はこんなに乗客が少ないと厳しいはず。

P_20200724_162356.jpg

私の座席の横一列はすべて空席でした


 機内サービスは簡略化しているとのことでしたが、私にはまったく問題なかったです。もともとそこまで細かい気配りを私は求めていませんから(ぶっきらぼうなのは嫌ですが)。ふつうに食事と飲み物サービスはあったので、それで十分です。

P_20200724_180021.jpg

夕食の野菜ラザニア


 いつもと違ったのは夕食で、メニューは野菜ラザニア一択でした(事前にベジタリアン料理を予約していたわけではありません)。こんなに乗客が少ない状況で複数の選択肢を用意するのはもったいない気がしますし、肉を食べる人でも野菜ラザニアなら食べた満足感もそれなりにありそうです。私はいいやり方だと思いました。

 夕食後は3人がけシートを占領して、横になって休憩。朝食はごく普通の卵料理にパンという内容でした。


「不要不急」の定義とは?

 そして、無事に成田空港着陸。
 機内でほとんど待つこともなくそのまま降りると、そこには係員の方がいて数名ごとに並ばされました。誘導されて行った先は、検疫のPCR検査コーナー。検査前にまず個別に書類に記入し、説明を受けました。書類では滞在国や滞在期間などについて答え、そこから非接触型体温計による検温、空港から自宅までの移動手段の確認と帰国後翌日から14日間は不要不急の外出は控えて待機するようにとの説明がありました。

 私は待機期間は東京の自宅にいられて、空港から自宅までは家族とともにレンタカーで帰ることが決まっていたから簡単なのですが、地方に住んでいる人は公共交通の利用なしでどうやって帰れるのかと思います。現実的な要請とは思えません。

 ところで「不要不急の外出」って、具体的にはなんでしょうね。たとえばベルリンでは、コロナ制限下での生活を送っていたときも、健康維持のための散歩は許されていました。14日間一歩も外に出ないとコロナの感染は防げるかもしれませんが、心身ともにおかしくなりそうです。それで聞いたんですよ、散歩に出ていいかどうか。

 答えは「散歩は不要不急である」と。つまり、控えろということです。たとえば、食料がなくて買い物に出るのは必要な外出なのでよいとのことでした。どちらかというと買い物のほうが人とのコンタクトがあるので感染リスクが高そうですが、食べるものが何もなければ買いに行くしかないのも理解できます。
 そんなやり取りがあり(別に喧嘩腰ではなく、普通の質疑応答です)、最終的に自分の中で「不要不急かどうかは自分で判断する」と決めました(説明受けてる意味がない?)。

 厚労省から帰国者を対象にしたアンケートが14日間あるという説明も受けました。LINEで連絡が取れる人にはLINEを通じてアンケートに答えられるそうなので、私はそうしました。実際にアンケートが始まったのは帰国後4〜5日経ってからで、待機期間の14日間を過ぎたら来なくなりました。アンケートの質問は2つあり、1つめは自分や家族が37.5度以上の発熱がないか、2つめはせきや喉の痛みなどの症状がないかどうかでした。

成田空港でのPCR検査

 説明後は、いよいよPCR検査。鼻の穴に綿棒を突っ込む検査です。
 検査前に検査方法をビデオで流していました。それによれば、椅子に腰かけて、顔をやや上向きにしていればいいようです。不安はありましたが、無料でPCR検査を受けられてラッキーという気持ちもありました。

 ほとんど待つことなく、空いているコーナーに呼ばれました。「はい、ではお荷物はここに置いていただいて......こちらにおかけください」。検査員の方の指示に従い、椅子に座ります。
「左右どちらの鼻の穴が入りやすいか、人によって違いがあるんですよ」とのこと。まずは右の鼻の穴に綿棒がスルスル......と入ります。綿棒は長くて細いもので、それほど痛くはありませんでした。でもどうやら右側は入りにくかったようで、次は左側に綿棒が。今度は奥まで届いたようで、無事に検査終了となりました。

「万一今後またPCR検査をするようなことがあれば、左側のほうが入りやすいです」と教えてもらったので、忘れないためにも書いておきます。
 私は左の鼻の穴のほうが、綿棒が奥まで届く。

 検査自体は5分もかからなかったと思います。帰国前に検索した情報では、空港で何時間も待たされたという体験談も出てきたので私もそれなりに覚悟はしていましたが、私のときは待ち時間はほとんどなく、非常にスムーズでした。

 私の場合は家族が空港まで迎えに来ていると言ったためか、検査結果を待たずに検査終了後はそのまま帰宅できました。検査結果がLINEで届いたのは、検査から2日後。結果は陰性でした。

 ドイツを発つ前は「とにかく無事に帰国できればよし」とだけ思っていたので、あまりにも順調な帰国に拍子抜け。ともあれ、ひと安心しました。
 これからは東京の生活が始まります。


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/

DSC08578.jpeg

大好きな、ベルリンの家


 「あなたのことは好きだけど、もう一緒にいられない」
 こんな理由で別れを切り出す人を、私はクソだと思っていた。そんなのはきれいごと。なのに、いまの私のベルリンに対する気持ちは、それしか表現しようがない。

 私は日本に本帰国します。

 日本への本帰国を考えはじめたのは3〜4年ぐらい前からでした。ベルリンで好きな場所が年々消えていき、来た当初のようなワクワクした気持ちになることは少なくなりました。
 街は生き物だから、変化するのは当たり前。私だってもう長いこといるのだから、新鮮な気持ちが薄れていくのは当然です。でも寂しく感じることが増えました。
 
 ただそれは私にとってはそうだというだけで、ベルリンという街の魅力がなくなったわけではありません。たとえば、以前は日本人がベルリンで就職するなんて考えられなかったと思います。ベルリンは大企業がなく、ドイツ国内ではほかの大都市に比べて失業率が高かったので、ドイツ人ですら就職が難しいと言われていましたから。
 でもいまは違う。この街で、企業で活躍している若い日本の人たちは何人もいます。気の利いたものや、おしゃれな場所も増えました。いまのベルリンのほうが好きな人、いまのベルリンだから暮らせる人はいるでしょう。

 あの頃はよかった、と言う趣味は、私にはありません。ベルリンの発展と私の人生がシンクロしていたと感じられた時期が終わったのなら、それはもう日本に帰るときなのだと思います。

 ベルリンで会った何人もの日本人の方から、私の本や記事でベルリンを楽しみました、ベルリンに来るきっかけになりました、というお言葉をいただきました。とてもうれしく光栄で、ちょっと涙ぐんだりもします。と同時に、責任も感じます。
 私は情熱を注げるものしか書けない。生半可な気持ちでだましだまし続けるのは、自分に対しても読む人に対しても誠実ではないはずです。

 私の目標は、「よく生きる」こと。 別の言葉でいえば「生き切ること」です。そのために、そろそろ環境を変えるときだと、心が言っているのだと思います。


 日本の家族も大きな存在でした。正確に言うと、日本にいる私の夫と両親です。私がベルリンで家庭を持っていたのであれば話はまったく別ですが、私はベルリンが好きだという理由だけで、ひとりでずっと暮らしてきました。でも両親も高齢だし、自分自身も年を取ります。大切な私の家族と、もっとたくさんの時間を共に過ごしたいと思うようになりました。本帰国自体は昨年すでに決めていましたが、その後コロナ禍が訪れて、その気持ちが一層強くなっています。
 これまで何も言わずに私の滞在を受け入れてくれた家族には、感謝の気持ちしかありません。


 本帰国で家を整理していて、これまでいかに多くの人に支えられて来たかを改めて実感しました。ここで出会ったすべての人に、ありがとうございました。

 ベルリンはいまも大好きです。だから来年また来ます。
 それまでの間、さようなら。またすぐに。


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/
 

DSC03813.jpg

日独協会さんのトークイベントで ©日独協会

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 昨晩、6週間の一時帰国からベルリンに帰ってきました。帰国中のことをこの「クボタマガジン」ブログで全然書いていなかったので、遅ればせながらご報告です。ズュルト島の旅行記の続きは、また書きますので。

 私は日本に一時帰国をすると、4〜5週間はいます。今回は6週間で、いつもよりもちょっと長めでした。
 よく「日本で何をしているんですか?」と聞かれるんですが、原稿書きなどの通常業務のほかに、日頃お世話になっている会社にご挨拶や打ち合わせに行ったり、トークイベントなど日本でしかできないことをやっています。友人にも会います。そしてできるだけ家族と一緒に過ごします。なので私にとって一時帰国は、仕事とプライベートの両方を満たすもの。毎日があっという間で、6週間前の帰国直後がはるか昔のことのようです。

 トークイベントは3回やり(イベントの事前告知をこのクボタマガジンでやらなくてすみません。告知関連は私のFacebookTwitterをご覧いただくのが確実です)、大学の講義で3コマ分お話しもしました。

DSC04838.jpeg

朝日カルチャーセンター横浜教室の1日講義で

 
 トークは、朝日カルチャーセンター横浜教室では「ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方」、日独協会では「ドイツでフリーランスライターとして働く」という内容でそれぞれ1回ずつ話しました。そのほか同じく日独協会主催のフェーダーヴァイサー(期間限定でしか飲めない若いワイン)イベントではゲストとしてプチトークを行いました。どれも話す内容も、ご来場者の方々の顔ぶれも違うので1回1回がまったく別の経験です。

DSC04878.jpeg

飲んで喋って楽しかったフェーダーヴァイサーイベント


 特に日独協会の「ドイツでフリーランスライターとして働く」トークイベントは、私自身こうした内容をお話しするのは初めてなこともあって、ずいぶん喋りましたね。ご来場者は若い方が多くて、熱気を感じました。私も自分の仕事について、デメリットもたくさん伝えました。実際のところ、デメリットは多いですから。

DSC03754.jpg

日独協会さんのトークイベント ©日独協会


 大学でゲストスピーカーとして話すのは、私にとっても学びの機会。私が一方的に喋ってもいいんですが、学生さんたちのリアルな意見も聞きたくて、なるべく話してもらうように心がけました。だってなかなか大学生と話す機会はないですからね。どんなことを考えているのか知りたいんですよ。たとえそれが、講義という場での限られた本音だったとしてもね。
 特に若い人には、自分がいま生きている世界以外のことも知ってほしいです。それが、自分の自由を広げることにつながると思うから。

 イベントや講義、それに友人たちと話していて思うのは、ドイツ・ベルリンの暮らしのことは全然知られていないのだなあということ。まあ、当たり前といえば当たり前なんですが、これまで何十回、何百回と書いたり話したりしてきたので、日本ではもう少し知られているかなと勘違いしてしまうんです。でも、ドイツファンでもない限りは、ドイツの生活についてなんて興味ないですからね。

 たぶん私は、ドイツファンではない人に対して、ドイツ・ベルリンのことを書いたり話したいんだと思います。その理由は2つ。
 1つは単純にベルリンが好きで、そのよさを伝えたいから。
 2つめは、日本とは違う世界を知ることで、自分や日本について見つめ直してほしいから。それが自分のより充実した暮らしや日本の未来につながると考えています。

 現在のような、日本とベルリンを行き来する暮らしをずっと続けるとは思っていません。でもベルリンにいるうちは、これが私にできることという気持ちでやっていきます。


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/
 
 

DSC03491.jpg

海上を走って島へ


(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


この内容は前回から続いています→ドイツ最北端の島Sylt(ズュルト)へ・計画編


■ベルリンからズュルトへ

DSC03545.jpg

ズュルトの終着駅、ヴェスターラント駅は頭端式ホーム


 切符もホテルも予約していざ出発当日。私にしては早めの出発時刻だったにもかかわらず、緊張して30分ぐらい前にベルリン中央駅に着く。市内公共交通は数分程度の遅れはザラで、それが重なれば下手をすると遅刻してしまうからだ。だから大切な用事のときは、相当余裕を持って行動するクセが染み付いている。いいんだか悪いんだかわからないが、ドイツに住んでからは、最後の最後まで油断できないと思うようになった。

 中央駅は早めに着いても、カフェやパン屋などがたくさんあるから時間をつぶすのには困らない。車内で食べようと、朝食用のパンを買った。コーヒーは迷った挙げ句に買わずじまい。ズュルトは物価が高い。これから3泊もするのだ。さして重要でないテイクアウトのコーヒーよりもほかに、お金を使うべきものがあるはず。要は貧乏性なだけだが。

 地下ホームの乗り場に行くと、列車は既に到着していた。予約した座席の車両に乗り込む。まずはベルリンからハンブルクまでインターシティ(都市間急行)で約2時間半。そこからRE(地域快速)に乗り継いで3時間とちょっと。ハンブルクから先のほうが時間がかかるのか。じゃあパンを食べるのはいつにしようか......などと、どうでもいいことを考えるうちに列車は動き出した。
 ほぼ定刻通りの走行。日本では当たり前かもしれないけれど、ドイツにいるとそれが奇跡に思える。全国を走るドイツ鉄道の遅延は、市内交通に勝るとも劣らないから。というよりも、走行距離が長い分、市内交通よりもトラブルがある印象がある。

 ハンブルクで乗り換える。ズュルトは島なので、到着するまでに海を渡ることになる。これが既にこの旅最初のハイライト。車窓から見える本土の陸地がだんだん狭まって、左右から海が迫ってきて......そして最後は海ばかりになる。その興奮をもう一度味わいたかった。

 ハンブルクからズュルトまでの地域快速は空いていた。数時間乗って、本土最後の駅を出る。さぁ、もうすぐ。もうすぐ左右が海だけになる。カメラを持って待ち構えた。

DSC03477.jpg

本土最後の草原。羊たちが草をはむ

DSC03483.jpg

やがて草原が海になり

DSC03493.jpg

完全な海に

DSC03502.jpg

反対側も海


 本土最後の土地には、もう木も家もない。草原で羊たちが草をはんでいるだけ。その草原が少しずつ細くなる。やがて羊たちもいなくなり、緑色の陸地が水になっていく。海だ。海の上を走っている。
 
 本土と島の間は、盛り土がされて線路が通っている。ズュルトに着いてから知ったことだが、1927年に島と本土を結ぶ鉄道が開通した際には賛否両論あったらしい。鉄道が通ることで、島独自の文化が薄れてしまうのではないかという懸念があったそうだ。でも、いま私はこうして鉄道で島へと走っている。うれしい。

 やがて左右の窓に再び草原が現れた。草原の面積はどんどん大きくなり、私はズュルト島に上陸した。


■バスの切符購入のミッション達成に満足

DSC03547.jpg

本土からの車は、すべて列車に積載されて島まで移動する


 ズュルトに上陸してから駅は3つある。私が降りるのは終着駅のWesterland(ヴェスターラント)。前回も書いたように、この駅周辺がいちばんにぎやかだ。車で移動しない私は、駅から徒歩で行ける場所にホテルを取ったのだ。

DSC03553.jpg

リゾート地のメインストリートらしい瀟洒な通り


 ホテルでのチェックインを済ませたら、荷物を置いてすぐにまた駅へ。駅前のツーリストインフォメーションで、バスの切符について3日券を買うべきか、2日券で足りるか相談したかった。

 「3日めの移動があなたのプラン通りだと、2日券を買って3日めはその都度切符を買ったほうが安いけれど、もし3日めにほかのエリアも行くのなら、3日券のほうがお得ですね」
 と言われ、その場で3日券を購入。26.10ユーロなり。これ1枚で、明日から島内どこへでも行ける。

 時間はまだ夕刻。切符を買うというミッションを達成して満足。美しいヴェスターラントの駅舎を撮影した後は、そのまま歩いてビーチへと向かった。

DSC03536.jpg

美しいヴェスターラント駅構内。1927年の鉄道開通と同時開業だったことを踏まえるとアールデコか

DSC03539.jpg

窓の柄も美しい。ちょっと折り紙のよう


■白く光る海辺へ

 ズュルト島は北海とワッデン海に囲まれている。私が訪れたのは9月下旬なので、いずれにせよ海水浴シーズンではない。けれども人気リゾート地のズュルト、それもいちばんの繁華街に面したビーチは散歩する人々でにぎわっていた。海は夕日で白く光っている。

DSC03622.jpg

旅情あふれるシュトラントコルプのある海辺

DSC03577.jpg

貝殻が打ち寄せられている

DSC03600.jpg

ハマナス、かな


 白い砂浜には、シュトラントコルプというドイツ発祥の屋根付きベンチが並んでいる。この風景がとても好き。
 せっかくの浜辺なのだから寝転べばいいと思うかもしれないけれど、ドイツの海辺は風が強いためにこのベンチが生まれたそうだ。発明されたのはこの北西部ではなく、バルト海側の北東部で、屋根部分のカーブに違いがあるという。でもどちらも籐で編まれていて、海辺の風情がある。ドイツの海だ、と思う。

 街の酒場で1杯飲むと、もう日は暮れていた。

DSC03648.jpg

おやすみなさい

(次回に続く)
 

Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/


 

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド