tage20190112-1.jpg

ドイツで購入したO2ハードコンタクトレンズとお手入れキット

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 年も明けてしばらく経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。遅ればせながら、2019年もよろしくお願いします。

 私は元旦から右目のコンタクトレンズをなくすという、なかなかな新年のスタートでした。ちょっと手元が狂って右目をぶつけてしまい、気がついたら右側だけ視界がぼんやり。「うわ〜、レンズがどっか行った」と慌てふためいて足元を探したものの、まぁ見つかりませんでしたよ。室内ならともかく、外でしたしね。
 私はコンタクト歴数十年なんですが、これまで1〜2回しかなくしたことがないんです。なのに元旦早々、しかも旅先で。ヘコみました......。

 これまでつけていたコンタクトは、いま主流の使い捨てタイプではなく、O2ハードコンタクトレンズ。コンタクトを使い始めた最初の数年を除いて、ずーーーっとO2ハードです。使い捨てタイプを試してみたいと言ったこともありますが「あなたはできればO2ハードがいいですよ」と諭されてしまいました。アレルギーがあるし、あまりにド近眼だからなのかもしれません。

 とにかくコンタクトなしでは生活できない私、レンズがなくなったら買うしかないけど、じつはドイツで買ったことがなくて。勝手がわからないから、なんだか不安でね。ドイツ語が全部理解できるかな、とか。

 でも次回の一時帰国までにはまだ間があるし、それまでメガネだけなんてとてもムリ。これはドイツでコンタクトレンズを作るしかないか......と一大決心したものの、さてどこに行けばいいのかわからない。ググってみるとドイツでは医師の処方箋がなくても自分のデータ(視力や眼のカーブ)がわかれば、眼鏡店や通販で簡単に買えるという情報が。なるほど、確かにスーパーの片隅にコンタクトレンズの自販機とかもあるしね。でも私は自分のデータを知らないから、とりあえずチェーンの眼鏡店に行きました。

tage20190112-2.jpg

スーパーの一角にあるコンタクトレンズの自販機


 ところが「コンタクトレンズを買いたいんです。これまではこういうのを使ってて......」とレンズの保存ケースを見せたその瞬間。店員さんに「あー、それは特別なレンズだからウチじゃムリです。ここに行ってください」と言われてしまいました。
 そして教えてくれたのは、このコンタクトレンズ専門店。→
Kontaktlinsen Wahrendorf

 その足でそのまま店へ。なんだか眼科医みたいなたたずまいです。受付で先ほどと同様に「コンタクトレンズを買いたいんです。これまで日本のを使ってたんですが、右目のレンズをなくしてしまって......」と話すと、「まずは検査のための予約が必要です」との返事。個人店なので、日本のチェーン展開のコンタクトレンズ店のように、その場でどんどん検査はできないようでした。

 運よくその日の夕方なら予約が取れるとのことで、再度出直し。予約時間に行くと、以下のような順番で検査をしました。

1.問診票の記入
これまでのコンタクト使用歴や1日の装用時間、かかりつけの眼科医の有無などについて回答。

2.健康保険証の提出
ドイツの法定健康保険に加入しているかを聞かれたので、保険証を提出。
(法定健康保険で一部費用を補償してくれるとのこと。詳しくは後述)

3.視力、眼球カーブなどの検査
別室に移動し、コンタクトを作った方ならご存じの一連の検査。眼球のカーブを測定する機械が日本と違っていたような(しかし、日本で作ったのもかなり前なので記憶がおぼろ)。

4.説明
ハードコンタクトレンズの説明。2017年4月からコンタクトには法定健康保険が一部費用を補償してくれることになったとの説明も受けました(ただし条件があるので、誰にでも当てはまるわけではありません。詳しくはこちら(ドイツ語)→https://www.wahrendorf-kontaktlinsen.de/preise-kosten/)。

5.テストレンズを装用し、約30分後にレンズを入れた状態のまま検査
装着感や視力検査を経て、注文するレンズのデータを決定。

6.眼科医提出用の書類を受け取り、次回のレンズ受け取りの予約を入れる
健康保険で一部費用を補償してもらうためには、眼科医の処方箋が必要。そのための書類を出してくれました。1週間後に注文レンズを受け取れるとのことで、受け取り時の予約も行いました。

 以上で、コンタクトレンズ専門店での初回検査は終了。

 次にやることは、6.で書いた「眼科医提出用の書類」をかかりつけの眼科医に持参し、処方箋を書いてもらうこと。これは眼科医の受付に提出したら、その場で出してもらえました(支払いは不要でした)。

 その処方箋を持って、1週間後にコンタクトレンズを取りに行きました。注文のコンタクトレンズを実際に装着して、再び装着感と視力の検査。「良好ですよ」とのことで、ひと安心です。

 さらに洗浄液と保存液の使い方、保存ケースの使い方の指導を受け、次回の定期検診の予約(3週間後)を入れました。保存液は目に触れても大丈夫とのこと。保存ケースは日本のものとは違って(冒頭の写真を参照)、ソフトレンズケースのように蓋付きの平たい皿が水平に2つ並んでいるタイプでした。日本のケースのほうがレンズを固定できるので使いやすい気がするけど、ドイツのほうが使用する保存液の量は少なくて済みそうです。

 健康保険の手続きはお店の方でやってくれるそうで、私はあとはもう3週間後の定期検査に行くだけ。
 行く前は不安でしたが、問題なくドイツでもO2ハードコンタクトレンズが作れました。よかった〜、これで日常生活が送れる!

 使い捨てタイプのレンズを使っている方は、こんな面倒なことをしなくてもいいと思います。私のようにハードコンタクトレンズをお使いの方は、ご参考になりましたら。

追記
私は、近くよりも遠くを見ることを重視してレンズを作ったので、コンタクトを入れた状態で本を読んだりするのがちょっときついです(老眼ともいいます)。こりゃいよいよ老眼鏡を作らなきゃいけないかなーと思っていたら、こういうのを見つけました。携帯できて出先でチャッとつけられる感じ。→https://www.nooz-optics.com/de/


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/

newbook.jpg

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)

cover_s.jpg

 先日「新刊が出ますよ」とこのブログでお知らせしていましたが、ついに発売になりました! 『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、全国の書店、アマゾン楽天のネット書店で発売中です! 書店ではエッセイコーナーやライフスタイルコーナーで売られています。見当たらない場合は上にあるカバー写真を見せて店員さんに聞いてもらえると、書店さんが本書の存在を気にかけてくれるので、私への応援になります。
本の内容→https://www.shc.co.jp/book/9339


 この本は、ストレスを減らしたい人、心穏やかに暮らしたい人へのヒントになるようにと願って書きました。ベルリン暮らしを通して学んだ、ストレスを溜めにくい考え方や行動を、衣食住とワーク・ライフ・バランス面から書いています。
 ドイツ人も私自身も、もちろんストレスゼロではありません。でも、ちょっと違う考え方を知ることで心が軽くなったり、悩みが解消されることはけっこうあるものです。本書がその助けになれば本望です。

 これは共著も含めて私の15冊目の著書になります。本を出すたびにいつも新たなことをしてきましたが、今回も大きな挑戦がありました。
 それは初のエッセイ本だったということ。これまでは取材対象者や場所があって、取材した内容を書いていました。でも今度は違います。これまでの取材も含めて、ドイツでの記憶をかき集めました。これまで自分がドイツでどう過ごしてきたか、その内容を問われているようでとても緊張しました。

 自分のことをこれだけ書くのも初めてでした。私の場合、ふだんの仕事では自分について書くことをあまり求められないんです。以前ある雑誌でちょっと自分のエピソードについて書いたところ、「それよりももっとノウハウ的な内容にしてほしい」と言われてしょんぼりしたこともあります。なのに、いざエッセイとなると、何をどう書いたらいいのやら。

 それに、じつはこの数年、書くのにすごく時間がかかるようになっています。集中力が衰えてきているし(きっと年齢のせい)、ドイツについてどういうスタンスで書くべきか考えすぎてしまうから。

 私はベルリンに住んでいるからドイツやベルリン情報を発信することが多いですが(というか、それがほぼ全て)、別にドイツがすごいとか理想の国と思っているわけではないです。ドイツはこう、ベルリンはこう、と言い切りたくもありません。日本だって各都市で違うし、一人ひとりも違います。ドイツ暮らしが長くなればなるほど、以前のように勢いに任せて書けなくなりました。
 でも、「こんなケースも、あんなケースもあります」という表現では、読んでいる方もモヤモヤしてしまうもの。多少乱暴でもドイツはこう、と言い切ってしまうほうが読者としては快感だと思います。だけどそれはしたくない。

 あれこれ悩んでしまって、1行書くのにも時間がかかってかかって仕方ありません。自分の力不足を感じてばかりの日々でした。編集者さんにも日本の家族にも支えられながら、どうにかたどりつきました。でも、そうした苦しみも含めて、この仕事で生きてこられたことはとてもありがたいです。

 これからも一歩一歩進んでいきたいと思います。

Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/
 

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)

tage20181021-1.jpg

新刊『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』11月発売に合わせ、東京で2回トークライブを開きます


 ご無沙汰しております! この夏はずーーーっと、新刊の原稿を書いてました。その本が11月14日に発売になります。
題して
『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)

ドイツ_cover.jpeg

なんと、カバー写真はベルリンのわが家です


 現在、絶賛(?)予約受付中です!! お近くの書店で、アマゾンで、ぜひご予約ください! 新刊については、改めて後日詳し〜くご報告します!


 そして新刊発売に伴い、今年もやります! トークライブイベント! ドイツ・ベルリンの写真をスライドでご覧に入れながら、「ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方」について喋りまくります! 東京で計2回やりますよ。詳細は以下をご覧ください。


2018年11月3日(土・祝)12:00-13:00
イベント名:「ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方」写真&トークライブ
会場:都立青山公園 ドイツフェスティバル会場内ワークショップテント
住所:都立青山公園 東京都港区六本木七丁目23 東京メトロ千代田線「乃木坂」5番出口 徒歩1分  ※都立青山公園には北地区(南青山2丁目)もありますが、そちらではありません。ご注意ください。マップはこちら→https://goo.gl/maps/uY7HG4Nvi2G2
ドイツフェスティバルサイト:https://www.facebook.com/Deutschlandfest
テーマ:「ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方」
会費:1,000円 (当日ワークショップテントにて現金でお支払いください。ドイツフェスティバル自体の入場は無料です)
お申し込み:お申し込みフォーム(こちらのURLをクリックしてください→https://form.os7.biz/f/30f899ec/)にお名前・メールアドレスをご記入の上、送信ください。フォームはお申し込み1名様につき、必ず1通お送りください。折り返しお申し込み確認メールが届きます。
定員:先着20名様

新刊発売前に、内容が聞けて本書掲載&非掲載写真もご覧いただけますよ!
会場のドイツフェスティバルは、本場ドイツビール・フードを味わえるビアガーデンあり、パンや雑貨販売あり、観光局やドイツ語学習、ドイツ企業の情報ブースあり、ライブステージありの楽しいイベントです。フェスティバルは入場無料。ドイツの雰囲気に浸れます。私のトークライブイベントでは、テント内にフェスティバル会場で購入されたドリンク・フードの持ち込み自由です。私もビール飲みながらやらせていただこうかな。
ドイツフェスティバルについて→https://www.facebook.com/Deutschlandfest


2018年11月29日(木)19:30-21:00頃(開場19:00〜)
イベント名:「ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方」写真&トークライブ
会場:西荻窪 旅の本屋のまど http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm
住所:東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F 中央線西荻窪駅北口 徒歩4分
マップはこちら→https://goo.gl/maps/TQm96Ld9N3L2
テーマ:「ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方」
会費:1,000円予定 (当日店頭入り口にて現金でお支払いください)
お申し込み:10月末頃から受付を開始いたします。お問い合わせは旅の本屋のまど(TEL&FAX:03-5310-2627)までお願いします。
定員:なんだか40名様ぐらいまで大丈夫なんだそうです。

おかげさまで毎年新刊を出版するたびに、「旅の本屋のまど」さんでトークイベントの機会をいただいています。今年も写真をたっぷりご覧に入れながら、喋りまくります! トーク終了後にサイン会も行います。店頭で私の新刊・既刊を販売していますし、既にお持ちの本にも喜んでサインいたします。会場は40名ぐらい入れるそうで、お申し込みが少ないと店長さんから「もう少しなんとか集まってほしい...」とやんわりプレッシャーがかかるので、お時間がありましたら、ぜひぜひいらしてください!


11月に東京で会いましょう! 楽しみにしています!!

IMG_0917.jpg

4月7日発売のsaita5月号。表紙は永作博美さんです。

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 なんと! このたび生活情報誌 saita (セブン&アイ出版)5月号(明日4月7日、一部地域では本日6日発売)で、ベルリンのわが家の家事とインテリアが、ババーーーンと7ページも紹介されます!

 題して「がんばらない家事」
 
 日本にいた頃は家事と仕事でいっぱいいっぱいでしたが、ベルリンで暮らすうちに、周りの影響ですっかりシンプルライフなりました。そうすると、とにかくココロがラク! ココロがラクになると、毎日が気持ちいい! これ、本当なんですよ。

 今は「家事は、家の中が最低限回ればそれでいい」と思っていますが、不思議と家事もおっくうでなくなりました。私なりの暮らしの考え方、がんばらない家事、インテリアの工夫を、豊富な写真とともにご紹介しています。

IMG_0920.jpg

ね、写真も文章もたっぷりです


 もちろん、ドイツと日本では環境は違いますが、いろんな考え方を知るだけで、「こんなんでもいいんだ〜」と、ラクになれると思うんです。そのヒントになればうれしいです。

 さらに! ベルリンの女性たちのお宅も、今後ご紹介する予定です。お楽しみにお待ちくださいね!

 わが家とドイツの家事についてもっと詳しく知りたい方は、昨秋出版した『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)を併せてご覧ください。

 さぁ〜、気持ちいい毎日を送りましょう〜。


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/
 
 

newyear2018.jpg

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 あけましておめでとうございます。みなさま、よいお年をお迎えになられたでしょうか。
 私は、いつになくゆっくりと過ごしていました。こんなに何日も仕事を離れたのは、本当に何年ぶりでしょう。

 私は、自分が気になることを取材して書く、というライターの仕事がとても好きです。これまでこの仕事を続けてこられて、本当にありがたいと思います。

 ベルリン暮らしもそこそこ長くなりましたが、この地で相変わらず日本とは違った視点・考え方を感じています。それを紹介することで誰かの心がラクになったり、何かを考えることにつながればうれしいです。

 納得できる原稿を書くには、まず自分自身が日々を大切にしないと。
 昨年はちょっと許容量を超えてパンクしかけ、周囲にご迷惑をおかけしたりもしたので、今年は自分のペースで進んでいきたいです(難しいんですけどね)。今年はできるだけ遊び、たくさんの体験を得たいです。

 仕事に追われてこのクボタマガジンブログの更新が滞りがちですが、以下のSNSで仕事の告知や日々のことを随時アップしていますので、よろしければご覧ください(インスタは趣味で撮影している写真だけ)。

 本年もよい年にしましょうね。


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/
 
 

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド